NoSQL

AWS
RedisのString型は今でも本当に512MBが上限か?

Read more
AWS
memtier_benchmark の導入 (memcached-tool で Slab の内容確認)

Read more
AWS
Spring MVCを導入 (+ MySQL, Redis)

Read more
AWS
Memcached 公式ドキュメント まとめ

Read more
AWS
Redis 公式ドキュメント まとめ

Read more
AWS
Redis / Memcached Source Code Reading – Overview –

Read more
AWS
Dive Deep Memcached ~ SETコマンド実行時の動作 ~

Read more
AWS
Dive Deep Redis Internals ~ GETコマンド実行時の動作 ~

Read more
AWS
Dive Deep Memcached ~ 入門から実装の確認まで ~

Read more
Cloud
Dive Deep Redis ~ 入門から実装の確認まで

Redis(REmote DIrectory Server) Redisは例えば以下の特徴を持つLLOOGGを元としたインメモリの非リレーショナルのデータベースです。 String, List, Hash, Set, Sorted Setに代表される豊富なデータ型 シングルスレッド処理 イベント駆動処理 by aeライブラリ 通常RESPプロトコルによるクライアント/サーバーモデルでリクエスト/レスポンス データは条件を満たす場合にメモリ最適化されて保存。CPUとのトレードオフ RAXを利用したメモリ利用量の最適化(Redis 4.0~) この記事では、入門から始まり、実装をより意識することで深く理解することを目標としています。以下の説明中の(*)マークは、特にVanilla Redisでの話となり、サービスとしてRedisが提供されている場合には工夫されていて挙動が異なるものもあります。 なお、合わせてRedisのソースコードの各種ファイルの概要についての詳細は以下の記事をご覧ください。 Redis / Memcached Source Code Reading – Overview – RedisのGETコマンド実行時のソースコード中のフローの詳細については、以下の記事をご覧ください。 Dive Deep Redis Internals ~ GETコマンド実行時の動作 ~ レポジトリはこちらになります。 データ型 Basic String コマンド例: SET,GET,STRLEN,APPEND,SETRANGE,SETNX,MSET,MGET 特徴 キーに値を関連づけるための最もシンプルなタイプ バイナリセーフな文字列(SDSによる実装。jpegのような画像データを含むバイナリデータもシリアライズ化して格納できる) ユースケース キャッシュ カウンター リアルタイムメトリクス その他 HTML フラグメント ページのキャッシング […]

Read more