AWS

AWS
ローカル環境のプログラミング言語のバージョンを切り替え macOS

Read more
AWS
Elastic Beanstalkで稼働しているアプリケーション(Ruby, Sinatra)をAmazon Linux AMIからAmazon Linux2へ移行

Read more
AWS
RedisのString型は今でも本当に512MBが上限か?

Read more
AWS
Nomad 導入

Read more
AWS
`Repository packages-microsoft-com-prod is listed more than once in the configuration`のメッセージの解消方法

Read more
AWS
/usr/local/Cellar/pyenv/1.2.21/libexec/pyenv: No such file or directoryのエラーの対処方法

Read more
AWS
Lambdaをローカルでテスト(with Docker)

Read more
AWS
AWS 雑なメモ書き

Read more
AWS
RDS PostgreSQL に拡張機能導入 (pgaudit, pg_repack, PostGIS, pgBadger, pg_config)

Read more
AWS
ランダムなサンプルデータ生成 (MySQL, PostgreSQL, Oracle, SQL Server)

Read more
AWS
MySQL, PostgreSQL ベンチマーク(sysbench, pgbench)

Read more
AWS
MySQL, PostgreSQL トラブルシューティング コマンド実行例 (Work In Progress)

Read more
AWS
10分で作るお手軽Markdownで書く独自ドメインのブログサイト構築

Amazon LightsailというVPSサービスを利用すると、特別な知識を必要としなくても気軽に一瞬でWordPressアプリケーションがインストールされた状態でサーバを立ち上げることができます。 ここではWordPress上でMarkdownで記述するためにJetPackというプラグインをインストールしてRoute53で自分の好きなドメインでアクセスするようにします。AWSアカウントを持っていない場合は、予めこちらからAWSアカウントに登録しておく必要があります。 Lightsailの設定 マネジメントコンソールから[Lightsail]を選択すると以下のような画面が現れます。 [Let’s get started]を選択。 以下の2つが選択可能です。 Apps + OS OS Only このうち、[Apps + OS]で[WordPress 4.6.1]を選択。 SSH key pair managerから[Create key pair]を選択し、ダウンロードしておく。 料金プランは以下の5種類あります。 $5 $10 $20 $40 $80 $5を選択。$5のプランの場合は、最初の一ヶ月は無料。 Name your instance: WordPress-512MB-Virginia-1 × 1[Create]を選択。 1分ぐらいでPendingからRunning状態になる。 http://<Public IP>でブラウザからアクセスしてWordPressのページを開く。 画面右下の[Manage]を選択して、ログイン画面(http://<Public IP>/wp-login.php)に移動する。 Username or Email: userPassword: < 以下、”パスワード取得方法”の章での取得方法による値 > 管理画面のURLはhttp://<Public IP>/wp-adminとなる。 パスワード取得方法 Lightsailの[Connect]タブから[Connect Using SSH]を選択。 […]

Read more
AWS
Amazon Lightsail に SSL 証明書設置 with Let’s Encrypt(自動更新)

Read more
AWS
JMeterの導入+実行

Read more