AWS

AWS
Lambdaをローカルでテスト(with Docker)

Read more
AWS
AWS 雑なメモ書き

Read more
AWS
RDS PostgreSQL に拡張機能導入 (pgaudit, pg_repack, PostGIS, pgBadger, pg_config)

Read more
AWS
ランダムなサンプルデータ生成 (MySQL, PostgreSQL, Oracle)

Read more
AWS
MySQL, PostgreSQL ベンチマーク(sysbench, pgbench)

Read more
AWS
MySQL, PostgreSQL トラブルシューティング コマンド実行例 (Work In Progress)

Read more
AWS
10分で作るお手軽Markdownで書く独自ドメインのブログサイト構築

Amazon LightsailというVPSサービスを利用すると、特別な知識を必要としなくても気軽に一瞬でWordPressアプリケーションがインストールされた状態でサーバを立ち上げることができます。 ここではWordPress上でMarkdownで記述するためにJetPackというプラグインをインストールしてRoute53で自分の好きなドメインでアクセスするようにします。AWSアカウントを持っていない場合は、予めこちらからAWSアカウントに登録しておく必要があります。 Lightsailの設定 マネジメントコンソールから[Lightsail]を選択すると以下のような画面が現れます。 [Let’s get started]を選択。 以下の2つが選択可能です。 Apps + OS OS Only このうち、[Apps + OS]で[WordPress 4.6.1]を選択。 SSH key pair managerから[Create key pair]を選択し、ダウンロードしておく。 料金プランは以下の5種類あります。 $5 $10 $20 $40 $80 $5を選択。$5のプランの場合は、最初の一ヶ月は無料。 Name your instance: WordPress-512MB-Virginia-1 × 1[Create]を選択。 1分ぐらいでPendingからRunning状態になる。 http://<Public IP>でブラウザからアクセスしてWordPressのページを開く。 画面右下の[Manage]を選択して、ログイン画面(http://<Public IP>/wp-login.php)に移動する。 Username or Email: userPassword: < 以下、”パスワード取得方法”の章での取得方法による値 > 管理画面のURLはhttp://<Public IP>/wp-adminとなる。 パスワード取得方法 Lightsailの[Connect]タブから[Connect Using SSH]を選択。 […]

Read more
AWS
Amazon Lightsail に SSL 証明書設置 with Let’s Encrypt(自動更新)

Read more
AWS
JMeterの導入+実行

Read more
AWS
オンプレ側ルーター(Cisco 1812J, Juniper SRX210, YAMAHA RTX 1210)から Direct Connect へ BGP 設定

Read more
AWS
memtier_benchmark の導入 (memcached-tool で Slab の内容確認)

Read more
AWS
Hadoop のインストールと環境構築

Read more
AWS
EC2 インスタンス (Amazon Linux AMI) に Squid 導入

Read more
AWS
Amazon Linux 2 の EC2 インスタンス上で Kubernetes クラスター構築

Read more
AWS
コピペで使えるELBのアクセスログ解析による事象分析 (ShellScript, Athena)

Read more