`Repository packages-microsoft-com-prod is listed more than once in the configuration`のメッセージの解消方法

Amazon Linux AMI(※今現在はAmazon Linux 2の利用が推奨されています)に対して、パッチの一括処理(Patch ManagerでAWS-RunPatchBaselineのタスクを実行しているときに確認した事象)をしているときに、一台のインスタンスが以下のメッセージが表示されて、パッチを適用に失敗していました。

Repository packages-microsoft-com-prod is listed more than once in the configuration

たしかに、表示されたレポジトリが2つの設定に含まれていました。

# cd /etc/yum.repos.d/
# grep -r "packages-microsoft-com-prod" ./
./msprod.repo:[packages-microsoft-com-prod]
./msprod.repo:name=packages-microsoft-com-prod
./mssql-release.repo:[packages-microsoft-com-prod]
./mssql-release.repo:name=packages-microsoft-com-prod

それぞれの設定ファイルを確認したところ、誤ってRHEL6用のものを入れるべきところをRHEL7用のものもインストールしてしまっていたことが原因でした。

# cat msprod.repo 
[packages-microsoft-com-prod]
name=packages-microsoft-com-prod
baseurl=https://packages.microsoft.com/rhel/7/prod/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
# cat mssql-release.repo 
[packages-microsoft-com-prod]
name=packages-microsoft-com-prod
baseurl=https://packages.microsoft.com/rhel/6/prod/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc

そのため、不要なRHEL7側のレポジトリの設定ファイルを削除して対応が完了しました。

# rm msprod.repo 

My Twitter & RSS

Leave a Reply

Your email address will not be published.