Macが突然起動しなくなった話

以前は開発用途などでメイン端末に使っていたものの、今現在はメインではなく、もっぱらNetflixなどを見るためだけのPCで5年1ヶ月目のMac OS X(OS X El Capitan)で確認した事象です。

背景

毎日スリープモードから起動して立ち上げた状態のブラウザを見ていましたが、ある日、PCを広げてもスリープ状態から回復しませんでした。 電源を押して起動したところ、黒いバックグランドの画面に、クエスチョンマークが記載されたフォルダーのアイコンとsupport.apple.com/mac/startupのURLが表示されました。以下のURLのQuestion markの項目の画面です。

上記URLからリンクがつながっている以下の記事を参考にしましたが、特に事象が改善される様子はありませんでした。

原因切り分け

10秒間電源ボタンを押して、起動時にCommand+Rでリカバリーモードを起動後、ディスクユーティリティを起動し、APPLE SSDで始まる内蔵ディスクのFirst Aidを実施し、OS X インストールを実行しようとしましたが、OS X をインストールするディスクを選択してください。の画面で起動ディスクが認識されない状態が発生しました。 その後、ディスクユーティリティからも内蔵ディスクが認識されないようになりました。リカバリーモードからターミナルを起動して、ディスクの状態を確認してもマウントされておらず、Mac端末から認識されていない状態でした。

SSDが認識されず、5年1ヶ月目で寿命のようで、わざわざ修理に出すほどお金もかけたくありませんでした。iPadも持っておらず、家の他のPCは古く動作も重いため使う気になれず、新しい私用PCを買うまで家にあった、いらない外付けHDDにOSをインストールして、しばらく有り合わせのもので対処して過ごすことにしました。

外付けHDDへのOSインストール

先程同様に、リカバリーモードで起動し、ディスクユーティリティを起動します。ここではデータの復旧等は必要なかったため、その後、外付けHDDを接続すると、サイドメニューに現れますので、選択後、"消去"を選択し、フォーマットを"Mac OS拡張(ジャーナリング)"を選択して実行します。既に別用途でHDDを使用している場合はパーティションをきって、OSが利用するであろうサイズを確保し、"消去"してフォーマットしておくとよいでしょう。

その後、macOSの再インストールを選択します。このとき、Wi-fi環境が必要になりますので、SSIDとパスワードは準備しておいてください。ソフトウェアの使用許諾契約に同意して、先程のHDDを選択します。

あとは、画面の案内に沿って、指示に従っていくのみです。設定完了後処理にかかった時間は2,3時間程度でした。 その後、Macの初期化画面に従って、設定をしていきました。適宜、Time Machineからのデータの復旧を行うと良いでしょう。

追記

修理代が安ければ修理しようかと、ダメ元で近くのApple Storeで持っていきましたがやはりストレージの寿命で修理に6万円以上かかるという話であったため、諦めました。

My Twitter & RSS

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *