さくっとPocketのブックマークをはてなブックマークに移行

Pocketのブックマークをはてなブックマークに移行しようとしたのですが、2021/05/23時点では残念ながら、スパム対策機能のためにはてなブックマークのインポート機能が停止されていました。

一方で、Pocketのエクスポート機能は存在し、はてなブックマークにはREST APIが用意されています。この2つを利用して移行を行います。

手動で一つ一つ移行するのはめんどくさくてやりたくなかったため、こちらの機能およびAPIを利用して、一括で移行しました。

Pocket側の準備

Pocketのエクスポート機能でエクスポートを参考にPcketのエクスポート機能でエクスポートすると、ril_export.htmlというファイル名でエクスポートされます。そちらのファイルから、リスト中のWebページを以下のようにして、urls.txtというテキストファイルとして取り出します。

$ cat ril_export.html |
    grep -o '<li><a href=".*">.*</a></li>' |
    tr '"<>' ' ' |
    awk '{print $4}' > urls.txt

その後、上記URLのリストを手抜きでそのままPythonのリストで利用できるように、Visual Studio Codeを使っていたので、urls.txtのファイルの中身について、改行から次の行の先頭部分までを", "に置換して、その後文字列の前後をPythonのリストになるように["]を追加します。

はてなブックマーク側の準備

Consumer key を取得して OAuth 開発をはじめようを参考に、Consumer Keyを取得し、"OAuth Consumer Key"と"OAuth Consumer Secret"を控えておきます。

その後、はてなブックマークのREST APIを利用するのスクリプトを参考にさせていただきました。migration.pyというファイル名で作成し、HatenaApi/HatenaApiErrorクラスについては、ほぼそのまま利用しました。今回使い捨てで特に失敗しても気にしないので、OAuth1Sessionクラス中のcallback_uriについては適当に接続可能なURLを利用するように変更したのみです。 かつ、当該クラスの直後に以下を追加しました。authorize関数の引数4箇所については先程控えた情報に置き換えてください。

if __name__ == '__main__':
    api = HatenaApi()
    api.authorize("はてなのユーザーID", "はてなのパスワード", "YOUR_CONSUMER_KEY", "YOUR_CONSUMER_SECRET", "write_public")

    my_bookmark_list = ["https://...", ... , "https://..."] # "Pocket側の準備"で作成したリストの貼り付け

    for bookmark in my_bookmark_list:
        res = api.add_bookmark(bookmark, "", [])
        res.raise_for_status()
        print(res.text)

実行

以下のコマンドを実行し、正常に実行が完了すれば、マイグレーション完了です。

$ pip install requests_oauthlib
$ python migration.py

My Twitter & RSS

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *